迷った時は遠慮なく

     うらさ 千手院


お彼岸とは?


<彼岸(ひがん)>

かなたの岸、向こうの岸、目指す理想の境地。

煩悩のあるこちら側の岸を「此岸(しがん)」といい、修行を積み悟りを開いた涅槃の境地のことをいう。

日本では古くからの習俗と混ざり、春分と秋分の日を中心とした7日間を彼岸会と称している。

〜上記参照 『岩波 仏教辞典』〜

現在、一般的に「彼岸」といえば、春分、秋分の日を中日とした7日間をさし、お墓参りをするとか、お経を上げてもらう、お寺で法要を営むといったことが多いのではないかと思います。

インドのサンスクリット語にパーラミター【波羅蜜多(はらみた)】という語があります。
これは、完全とか悟り、といった意味であり、すべての煩悩を超えて悟りの境地へ達することを「到彼岸」「パーラミター」といいます

「彼岸」は仏教思想に由来するが、日本固有のもので、パーラミターを説いて回った僧がちょうど春の種まきの時期(春分)や秋の刈り入れ時(秋分)に来たことから、農民の間で「もうじき『彼岸』がくるぞ」といいならわした、という説があったり、春分、秋分の日は太陽が真東から出て真西に沈むので、それを神聖な日と捉え、神仏、先祖の霊を祀るようになったと云われています。

彼岸に到達したであろう先祖を供養し、自分自身も彼岸に到ることを願ったものが、日本独自の「彼岸」という行事を生み出したといえます。

また、現在のように春分、秋分の日を中日として前後3日間、合計7日間という形になったのは天保暦(1843年)からであり、平安時代には11日間あったいう記録もあります。


【千手院の場合】

千手院では春と秋のお彼岸には各家の仏壇にお参りに伺っています。

先代住職の「お檀家さんとゆっくり話せる場を大切にしたい」という考えから、春彼岸とお盆、秋彼岸にそれぞれお参りに伺うお宅を決めさせて頂いております。
1年に1度はお参りさせて頂くといったシステムです。(遠方のお檀家は、それに限りません)

ただし、彼岸に伺うお宅でも新盆の御霊がある場合は、お盆にもお参りさせて頂いております。