迷った時は遠慮なく

     うらさ 千手院

お布施の由来と意義

少し固い説明になりますが、まず「布施」とは?

梵語ダーナ(旦那・檀家)の翻訳。
代表的な「三施(さんせ)」をご紹介します。

財施(ざいせ)」 出家修行者、仏教教団、貧窮者に財物、衣食などをを与えること。

法施(ほうせ)」 仏教の教え、法を説いて与えること。

無畏施(むいせ)」 怖れををとり除いてあげること。

これらをまとめて「布施」と称しています。
この「布施」とは、仏教徒が行うべき六つの実践徳目【六波羅蜜(ろくはらみつ)】のひとつとされています。

現在行われている布施の形は、檀家や信徒が僧、寺院へ財施をし、僧は檀信徒に法施をする、というのが一般的です。

しかし「布施だけの経を読む」「仏事供養も布施次第」「坊主丸儲け」など、皮肉の言葉もあるように、法施をきちんとおこなうことができていない僧侶がいたことも事実であります。

ですから、お寺の草刈りをしてくれたり、山道の整備をしてくれたり、また笑ったり、優しい言葉をかけてあげたり、なども立派な布施行のひとつなのです。

近年は患者が医者を選ぶ時代です。もしかしたら、そう遠くないうちにお寺も同じようになるかもしれません。