迷った時は遠慮なく

     うらさ 千手院

戒名(かいみょう)とは?

お葬式の際、お位牌には戒名が書かれていますよね。
では、戒名とは一体どういうものなのでしょうか?

この戒名とはイコール法名(ほうみょう)、または金剛名(こんごうみょう)とも言います。
ひと言でいえば「仏教に帰依したものに授けられる名」ということです。

中国、日本に通じてみられ、戒名イコール法名は生前に入信した時に与えられた。
しかし、後には在家の人が死後に僧から与えられることが行われるようになり、近世の檀家制度のなかで一般的になりました。

ですから、現在では戒名といえば「死後に授与される法名」ということですが、生前に与えられても問題はないものなのです。
ようは「仏教に帰依したものに授けられる名」ということです。

さらに戒名の下には男性の場合
「居士(こじ)」「禅定門(ぜんじょうもん)」「信男(しんなん)」
「信士(しんじ)」、女性の場合「大姉(だいし)」「禅定尼(ぜんじょうに)」「信女(しんにょ)」
子供には「童子(どうじ)」「童女(どうにょ)」などをつけるのが通例になっています。

また、戒名の上には「院号(いんごう)」「院殿号(いんでんごう)」などの称号をつけることも行われて現在に至っています。