迷った時は遠慮なく

     うらさ 千手院

木魚(もくぎょ)ってどうして魚なの?

木魚は魚の形をかたどった仏具ですが、どうして魚なんでしょうか?

まず仏具としては2種類あります。
ひとつは廊下などに、細長い魚の形に作ったもので、それを鳴らすことで集合などの合図に使いました。
もうひとつは、現在お寺などの法事の席でよく見かけるもので、ほぼ丸い形をしたもの。こちらはお経のリズム、節をとるために使います。

魚の形をとったのは、魚は寝ているときも目を開けているように見えるため、昔は寝ない生き物だと考えられていました。
修行をするものも魚のように寝ないで勉強、行に励まなければいけないということで用いられたという説があります。

木魚の鳴り物は禅宗系の寺院でよく見られます。真言宗では基本的には用いませんが地域により使用するお寺も多くあります。(千手院でも
使っています)

今度、お寺に立ち寄った際には是非ご覧になって下さい。