迷った時は遠慮なく

     うらさ 千手院

御日待(おひまち)の御札と幣束(へいそく)

御日待のお札
(幣束はありません)
荒神様のお札と幣束
水神様のお札と幣束

御日待って?

日待とは、集落の人々や一族が前もって定めた宿に集まり、前夜から潔斎して日の出を待って拝む民族行事です。

生活のほとんどすべてが自然の力にゆだねられていた時代、人々は実に敬虔な気持ちをもって自然に接しました。
もちろん太陽にたいしても信仰は篤く、「日祭り」が行われました。

これが中世以降、仏教と結びつき「日待」になったと言われます。
太陽神である「日天」(にってん)を祀り、その恵みに感謝し、家運隆盛、息災延命などを祈る行事です。

現在、都市部などではほとんど見られなくなった行事ですが、科学万能の時代に、現代人が失いかけている大切なものを
教えてくれるような気がします。

太陽を「お日さま」と呼び敬う心を、いつまでも忘れないでいたいものです。

千手院の台所
見づらいですが、幣束の後ろにお札が貼ってあります。

千手院では日天、荒神(火の神)、水神さまをお祀りし、総称して「御日待」といっております。お正月から2月にかけてご祈祷がおこなわれ、1年間のお日さまの恵みと火と水の安全を祈ります。

お札の祀り方は御日待のお札は神棚。荒神、水神様は台所。もしくはすべて神棚にお祀りいただければよろしいかと思います。新年には新しいお札に貼りかえます。
お布施の目安

お布施は料金ではございませんので、あくまで目安としてお考えください。

御日待のおふだは、日待、水神、荒神の三体をあわせてで3,000円ほどを奉納していただけると幸いです。

ただし、ご事情によりどれかの御札だけを希望される場合は、遠慮なくお申し出ください。
一体1,000円ほどを目安にお願い申し上げます。