本堂屋根修理


本堂に足場がかかりました。

今年の大雪で本堂屋根のステンがめくれてしまったんです。千手院の屋根を葺いてくれたのは小千谷の業者さんですが、中越大震災後の仕事で忙しい中駆けつけてくれました。

雪国のお寺は積雪がすごいため、屋根は瓦ではなく銅板やステンで葺いている場合がほとんどです。新潟市や柏崎市など、冬でも雪がほとんど積もらない地域は違いますが・・・。

雪のちからは凄いものですね。自然の力にただただ頭が下がります。

足場がかかってこれから工事が始まります。工事が安全で終わりますように。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

池掃除

次の記事

賢兆和尚本葬儀式