般若心経絵本

今日は天気予報は悪かったのに、良いお天気でした。
おかげで外仕事がはかどり、助かりました。この時期の晴れた日はとっても助かります。

今日はある本をご紹介したいんです。

私の先輩で長岡市の千蔵院の副住職、諸橋精光さんが昨年『般若心経絵本』を出版されました。

美術学校、大正大学仏教学部を卒業し、地元長岡でお坊さんをしながら紙芝居や絵本を制作して、仏教の教えを伝えています。

とても温厚で、しかし厳しく、志が高い!気持ちのいい方です。

このようなお坊さんがもっといたらなぁ~、と思える素敵な先輩なんです。

この『般若心経絵本』も、そんな人柄がうかがえる、また内容も優しくてしかも神髄をとらえているものです。

般若心経って、一般的によく知られているお経ですが、この内容となるとお坊さんの間でも解釈の難しいものなんです。

それをよくここまでにされたなぁ~、とホントに頭が下がります。

もしよろしかったら、諸橋ワールドを覗いてみて下さい。きっと優しい気持ちになれるし、新たな気づきをもらえるはずです。

どうぞ、諸橋さんを応援して上げてください

ワタクシもがんばりまーす!

般若心経絵本

小学館

このアイテムの詳細を見る

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

冬間近

次の記事

いいご法事でした