運命の世界

皆さんは「運命」という言葉をどのように考えますか?

それは決められたもの?変えられるの?・・・いろんなご意見があるかと思います。

私が尊敬するある先生に質問したことがあります。

「運命とはどういうものですか?」

「運命には2種類あってなぁ~、ひとつは宿命、もうひとつが運命。宿命は字の如く宿った命、使命、例えばおまえさんが日本という国の、新潟県に、お寺の、長男として、この日に、授けられた命は誰も選べない。これを宿命という。

一方で運命の「運」とは「軍」に「しんにょう」で字ができているだろう。これは軍隊が動いている様子を表していてな、常に動いているものなんだよ。だから宿命は変えることができないが、運命は変えることができるし、変えていかなければいけないものだよ。このふたつを総称して運命と捉えなさい」

・・・・・との教えでした。
私が20才前後のことでしたが、妙に納得してしまった事を覚えています。

また、こんな事も続けて話してくれました。

「だから、運命を語るときにはまず宿命を知らなければいけない。それをキチンと知るところから勉強を始めなさい。

例えばボタンの若木があったとき、それをつつじの若木だと思って育てると、芽のつきも悪く、下手をしたら花が咲かなくなる。運命の世界も一緒だよ。あとは自分で考えなさい。答えは自然界の中にあるよ。そして、決して運命だけにとらわれないように。気をつけないと振り回されるようになるからな。」

もっと教えて下さーい!と思いましたが、その先生はそれからも時間をかけて丁寧に教えて下さいました。有り難い限りです。

この教えは宗派で教えられているものではなく、あくまで個人的な師弟の関係の中でのお話ですのでご了解下さい。

「運命の世界」もそうですが、いろんなジャンルの世界を聞いたり、学んだりする事はとても楽しいことですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

オススメの一冊

次の記事

お祭りつづき