三教同源

2年前、ソウルに行く機会がありました。

市内の道教寺院に建っていた御堂の額に目がとまりました。

「三教同源」・・・、ガイドさんに聞いてみたところ、「これは仏教、儒教、道教の事をさし、これらはみな源は同じ所から来ているし、たどりつく所も同じだということです。韓国人ならほとんどがそのように考えています」との答え。

それまでは、韓国といったらキリスト教のイメージが強かったのですが、聞いたところによるとお釈迦様の誕生日などは実に盛大に行われていたり、かえって日本よりも仏教国なのでは・・・と思い知らされていた最中にこの額に出会いました。

「妙~に納得!」

日本の仏教も中には儒教、道教の教えや精神がふんだんに取り入れられているのにそう思っている人は意外に少ない。別個に考えている方が多いのではないかなぁ。

この額を見て、お話を聞いたら韓国はやはり大陸続きだなぁ~、考え方が大きいなぁ~、と勉強させられました。

ちなみに韓国の国旗、真ん中に陰陽の太極があり、その四方に黒い線みたいなものがありますが、あれって日本でよく言われている「当たるも八卦当たらぬも八卦」の「卦」だということ、ご存じでしたか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

老僧の命日

次の記事

十二様