梅雨の晴れ間が広がりました。
昨日までとは、うってかわり爽やかな晴天、午後にはかなり気温も上がりましたが、日が沈んでからは沢風がとっても涼しく、寒いくらいです。

この沢風・・・、これは都会では感じる事ができません。

学生時代、一番思った事です。
都市部にはそれなりの良さがありますが、田舎には田舎なりの良さがあり、「お互い様」といった感じでしょうか?

私が25歳くらいだったでしょうか、東京から奈良に移り、地元に帰って来て、最初の薬師さまの御縁日で山に登って、1日を過ごしたとき、「風の道がある・・・」って、強く感じました。

今でもあの日のインパクトは忘れる事ができません。

1日を山で過ごしていると、風には風の通り道があることに気づきます。一定の法則があるんですね。

それからかなぁ~、自然の法則に目が向き始めたのは・・・、そう考え始めたら仏典もそうだし、他の宗教関係に関しても、視点が大きく変わってきました。

視点が変わることで、説かれている内容も随分納得させられました。
宗教の奥深さを感じる事ができ、妙に納得・・・。

これからも常に発見の毎日、人間の本能、自然の法則・・・、そんなことに目を向けて行こうと思います!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

紫陽花

次の記事

今日はご詠歌日