お久しぶりです。

3月に入って初めて書きます。

魚沼に春を告げる浦佐の裸押し合い大祭、この後、12日には十二講、14、15日は月遅れの涅槃会・・・、たくさん書きたいものがあるのですが、今年の私はなんと言っても13日に開催される『響愛』~復興への祈り~のコンサートのことで精一杯な毎日です。

~継続は力なり~・・・大好きな言葉ですが、ブログもそんな言葉とはほど遠く、反省の毎日です。

しかし、これも修行なのか???、昨年暮れから、休み無し、2,3時間睡眠の毎日は、長谷寺のでの修行を思わせるようなハードさです。
昨日、人間ドックに入りましたが、すっかり熟睡。。。検査を待っている間、ほとんど寝ていた私を見て、職員さんから「大丈夫?」のやさしいひと言、いい休憩時間になりました。

なにはともあれ、本番まであとわずかとなりました。
内容は、本当に誇れるものだと思います。今年は子年ですが、子年の守り本尊は千手観音さまです。

本物の祈りの響きがあると信じています。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

Follow me!

お久しぶりです。” に対して3件のコメントがあります。

  1. まさやん より:

    ついに明日ですね!!
    お坊さま、明日はついに!響愛!楽しみに毎日すごしています。さまざまの思いで、多くの人がきてるのでしょうね。がんばってください!開始直前のあの緊迫したようなキリッとした雰囲気、あの瞬間がなんともワクワクします!

  2. まさやん より:

    響愛コンサート
    お坊さま、素晴らしかったです。初めての音楽、響き、色彩に新鮮さを感じ、ゴスペルとお経のかけあいから始まった般若心経、感動しました。太鼓もすごい。お坊さまたちのしょう明を聴きながら、不思議と家族の幸せ、みんなの幸せを祈る自分がいました。何が大切か思いながら、素晴らしい響きにつつまれて感動でした。お坊さまはどこにいるのかな?と思いながら、この日のために、相当なご苦労があったことと思います。本当に感動、興奮の一夜でした。余韻にまだひたっています。

  3. kenjunjun より:

    まさやんさん
    まさやんさん、ご来場ありがとうございました!!!

    実は私、事務局として今回はすべて裏方に回り、出演はできませんでした。しかし、私の弟が出演させていただきました。(よく、そっくりだといわれます)

    今回感じていただいたのが、本物の「お経」(聲明)です。普段、ご法事やお葬式で聞かれるものとはカルチャーショックをうけるくらい違っていたと思います。

    太鼓も途中、「オン、コロコロ、センダリマトウギ、ソワカ!!!」と繰り返しながら演奏する場面がありましたが、その「コロコロ」とは梵語で、「取り除け、取り除け」という意味があります。

    被災が続いた新潟、また、抱えている悩み、迷い、すべてを取り除け!、とういう薬師如来の「ご真言」なんですよ~。

    その時は意味は分からなくても、何か響くものがあったのではないかと思います。それが「本物」だと思います。

    すいません、私も熱気が冷めやらず、長くなってしまいました。また、ブログに書きますので、どうぞのぞいてやって下さい。

    本当にありがとうござました。(感謝)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

雪の華