コンサート後・1ヶ月

『響愛』~復興への祈り~から早1ヶ月が経ちました。

今日、長岡からお参りをいただいた方のお話しでは、長岡の桜は満開になったとのこと・・・。
千手院では、境内のオオイワカガミがキレイに咲きそろいました。この花が終わる頃、桜が開き始めます。う~ん、楽しみ!!!

コンサートから1ヶ月が過ぎたのに、未だにコンサートの御礼やお手紙を受け取ります。ホントーにうれしい限りです。

H18年の終わり頃に話がでてきて、昨年は1年間準備に追われっぱなしでした。途中に中越沖地震があり、豊山派のお寺さんも、お檀家さんも甚大な被害を受けた中、計画の是非が問われた時期もありましたが、やって良かったと私は思っています。

2つの意見がありました。
「こんな時だからこそ、続行しよう」「これだけの被害を受けているのだから、考え直そう」・・・、どちらにしても苦渋の決断。
結局、続行しましたけどね。。。

振り返ると、中越沖地震後と今年に入ってから本番までの間が一番の難所?でした。ワタクシごとですが、実はこの度のコンサート、事務局長を担当しており、常に冷や汗をかいていました。(笑)
そんな冷や汗も、「良かった」という感想を聞くだけでどこかに吹っ飛んでしまうのも不思議だなぁ~と思いました。

千手観音も本場のゴスペルもとても良かった、そして改めて「お経にはパワーがある」

本当は、こんな活動を定期的にできれば良いのですが、これがまた大変難しいのも事実です。しかし、機会があればまたトライしたいと思います。

振り返ってみても、今回のビックイベントに関われた事は、とても貴重な体験でした。目には見えませんが大切な財産が残りました。
これを機に、さらにお寺が良くなって、気軽に皆さんが立ち寄れる、いろんな事が発信できるような場にしたいと頑張ります。グ~ゥッ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA