期待してます、多聞青年団!

チラチラと雪が舞う程度のお天気・・・もう少し降って欲しい・・・勝手な言い分なのですが。

魚沼に春を呼ぶお祭り、3月3日の浦佐毘沙門堂での日本三大奇祭「裸押し合い大祭」が近づいてきました!このお祭りには多聞青年団という若者組織の活躍が欠かせません。1年間を通して準備をし、お祭りに備えてくれていますが、この季節になると青年団の法被姿が頻繁に見られます。

私はお坊さんとしてお祭りに参加する立場ですが、同級生が幹部を務める年には「できる範囲で協力したい」という思いから、法被を着させていただきました。
内務進行係といって、お祭りを支える講中(こうちゅう)の方たちへの対応、お祭りには福餅を撒きますので、お餅の管理などを担当する係りです。

この内務進行係のOB会が昨日ありました。
現在の幹部方からのお話を聞くと、多聞青年団の人数や講中が年々減ってきていること聞きました。私が現役の時も少なくなっていましたが、今はさらに拍車がかかってきているようです。

高齢化と跡継ぎの問題で致し方ない面もあるのかと思いますが、こんなときこそ若者の発想、創造力で智慧を絞っていきたいものです。良いものには人は集まってくるはずですから。

もちろん私もできることは協力します。
楽しんで、素晴らしいお祭りになりますよう・・・、頑張れ多聞青年団!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA