道端の一輪。

草刈りをしていてふと気がついた1枚です。

コンクリートで固められたほんのわずかな隙間から、誰にも見られないかもしれないのに、一生懸命に自身の花を咲かせています。

与えられた生命を全うしている姿・・・素敵だと思います。

こんな姿を見ると、もめにもめている政界のニュースなども虚しく感じてしまいます。一体何が本当に大切なことなのだろうかと・・・。

九州地方は大雨被害が大変なようです。
自然界は優しくも厳しくもある・・・仏様にも優しいお顔と怒ったような怖い顔がある・・・すべては自然界への畏敬の念から生まれたものです。被害がこれ以上大きくならないようお祈りします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

まつおさん。

次の記事

連想ゲーム