十五夜さま

会議から帰ってきて、境内裏の工事の様子を見にいったところ、浦佐城・薬師様にめがけて何本もきれいな筋雲がかかっていました。

その空気と空の透明感に思わず見入っていたら、「そうだ、今日は十五夜じゃないか!」と思い出しました。そして少し時間がすぎると薄明るい東の空に満月のお月様・・・、うさぎの姿がクッキリと浮かび、天気が良かったので今晩はいい月夜になるに違いないと確信したのですが・・・。

日が暮れてから、細かな雲がたくさんかかってきて、時折姿をみせる程度になってしまいました。

明日はお天気らしいので、夜が更けるとこの雲も消えていくのかな。。。

ヨーロッパではお月様のなかにいるのは「カニ」でしたでしょうか?日本や中国は「ウサギ」。確かにカニにも見える気がします。

形は違えど、世界どこへいっても、このような風習はあると思うし、あって欲しいと願います。
これが人間の本能なのでしょうか?妙に惹きつけられる。ありがたく、そして不思議な感覚です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA