御日待・星祭り祈願スタート!

去年の1月7日の越後三山・・・快晴で威厳ある姿でした。

今年は水分たっぷりの重い雪が1日中降っていました。しかし、積もりそうな雪ではありません。

今日から御日待、星祭りの祈願がスタートしました。
7日は毎年恒例の門前地区の合同祈祷から始まり、あとは町内、県内、県外とご祈祷ができたお宅からお札を郵送したり、取りにきていただいています。同時に個々のお宅へ訪問しご祈祷をしています。

合同祈祷の際にはお寺へ参集願っていますが、個々の方の場合には直接お宅へ伺う方もいますが、お札をお渡しするだけの場合が多いです。もちろん、希望されればお寺でお祓いを行っています。

御日待も星祭りも元をたどれば、天地自然界の営みに敬意を払ってきたのが源です。太陽、月、山、水、岩、土、木々や草花・・・そこに生かされている人間を知り、敬意と畏怖の念をもって対した結果でてきた風習、習俗、宗教といえるでしょう。人が生きる大元・・・なんて言えばおおげさかな。。。

この恵みに感謝し、安全を願う。ステキなことではないでしょうか。

そんなのはきれい事だと言われるかもしれません。
しかし、この気持ちがすべてをスタートさせる大切なものだと思っています。故郷は人を何故か安心させてくれます。

これから毎日ご祈祷です。
私に与えられた役割・・・キチンとこなしていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

屋根に届きそう・・・

次の記事

越後のトラ???