墓地積雪状況

4月も後半を迎えようというのに今年はまだ墓地積雪状況をお伝えしなければなりません。
ニュースでは箱根の方も積雪があったとか・・・本当に天候不順ですね。

浦佐の町中は全く雪はありませんが、少し山際になっているところや千手院のお墓もまだ長靴がないと墓前にはいけません。

4月は冬の間、納骨できなかった方がそれぞれ予定を組んでいるのですが、今年の雪解けは予想外で納骨予定だった方々は大変です。

今日は午後からご詠歌のお稽古がありました。
今年の全国奉詠大会は千葉県に決定し、また秋まで皆さんと練習を積んで、楽しんで行ってきたいと願うものです。

練習後に少し時間が空いたので、浦佐城跡の様子を見に行ってきました。
あいにくの曇り空に気温も低かったため、いまひとつ元気がありませんが、雪が消えたところから南魚沼市の花でもあるカタクリがたくさん花を開き始めていました。

実は浦佐城跡の薬師山は全山がカタクリ山といってもよいほど昔はカタクリが咲いていたそうです。そして尾根近くからはイワカガミが群生していて、ここ数年で山の手入れが見直され整備がしなおされ始めたために、少しずつその姿が戻り始めていると感じています。

この調子で整備が進んでいけば、あと3~5年後には早春のこの季節には紫色の絨毯が広がり、カタクリが終わるとイワカガミのピンクが尾根道を飾り、イカリソウなど山野草が山を彩ってくれると夢見ています。
目指すところは、貴重な史跡と里山、草花の保全を両立させることです!!!

ちなみに浦佐のイカリソウは強い紫色で、長岡や海沿いの山々にはあまりないというお話を聞きました。雪の少ない地域では白のイカリソウが多いそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

雪解け水

次の記事

片付けが終わらない・・・