早春の花

隣の普光寺境内にある御灰塚という敷地にキクザキイチゲが顔を出し始めました。
普段、人があまり入らず踏み荒らされないからでしょうか、あちこちに点在して咲いています。きっと管理をすれば増えていくでしょうね。

千手院の中庭にも、そして裏山でも、あちこちで見ることができる早春の花ですが、紫あり白やピンクがかったものなど、いろんな花の色があるそうです。

まだ咲き始めたばかりですが、きっと日照が増えるにつれてパッと花びらを開かせるのでしょう。楽しみです。カタクリもそうですが、この種の花は高温に弱く、夏には姿を消してしまいます。今の季節にしか見ることができないと思うと喜びもひとしおです。

10年前に私は、地元にそんな花があることも知らず、興味もわかず、ホントに無知で今思うと何をやっていたのかなぁ~と、反省しきりですが、反面それだけ年をとったのかなぁ~とも思います。しかし、そんな視点を持てたことはとても幸運だと感じています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA