お供物

今日は夜にご詠歌の練習がありました。

遠方から先生にお越しいただいての練習・・・、たまによそから先生に来ていただくと、普段マンネリ化してしまう傾向に良い刺激が与えられて、皆さんの顔つきも変わります。

私は足の痛みも引き、足袋もはけるくらいに腫れもひきましたが、まだ長時間正座をするまでにはなっていないので、あぐらをかいて練習させていただきました。

先日、お婆さんを亡くされたご詠歌の講員さんから、葬儀にお見送りをしてくれた御礼にとお菓子のお供物をいただきました。本尊様にお供えし、ご詠歌の休憩の際にみんなでいただきました。

こんなご詠歌の合間のささやかなひとときが実は幸せなのかもしれません。
「少欲知足」少ない欲で足ることを知りなさいという仏教の教えですが、何に幸せを見いだすのか・・・結局はその人の「心」以外にはないのでしょうね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ミョウガの芽

次の記事

映える紫