H22年度・檀信徒研修会

越後宗務支所が主催して年1回、県内の各地域に会場を移して檀信徒研修会が開催されています。
今年の会場は糸魚川市の『ビーチホールまがたま』でした。
ホールに入るとロビーからは国道8号線をはさんで日本海のパノラマが広がっています。

昨日から準備に入り、市内に1泊し、今日は夕方まで事務局の仕事、そして千手院に帰ってきてからはご詠歌の特別練習があったので、ハードな1日でした。

開会式後の法要の様子です。
このあと、仏教青年会による太鼓演奏、講師を招いての法話、さらには落語と続いて研修会は終了しました。

今回は糸魚川市が会場ということもあって、上越市近郊からの参加者が大半でした。

朝から1日中雨模様でしたが、大ぶりにはならなかったので良かったです。

糸魚川市には初めて泊まりましたが、山あり、海ありで、夕御飯には「きときと寿司」という回転寿司に連れて行ってもらったのですが、氷見近海のお魚が入っているようで、美味しかったです。それにインターを降りたばかりのところにある明星セメントの要塞のような設備に圧倒されました。

魚沼にはない光景や味がたくさんあり、新鮮でおもしろかったです。
住むところによっていろんな人があり、文化があり、歴史があるのは本当におもしろいですね。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

いいお天気!

次の記事

太鼓練習!