大ローソク

裸押し合い大祭前夜祭を迎えました。
毘沙門堂に通じる長廊下にはズラッと大ローソクが並びました。雪台にのせて飾るため、気温変化や雨などで雪台が崩れると危険なために毎年直前の搬入になります。

千手院が管理する古山門(ローソクの奥に見える赤い屋根の建物)の掃除などをしていると、「大ローソクはどこに飾ってあるのですか?」とよく質問をされます。皆さん見たい気持ちは分かるのですが。そんな方への対処方法などもあるといいと思います。

さぁ、私はこれから最初の御護摩修行のお手伝いに行ってきます。

毘沙門天のご加護を受けて、すべての方達が平和でありますように、五穀豊穣、天地自然界の恵みを受けられますように、山内が安全で平穏に日々が過ごせますようにお祈りしてきます。

オン ベイシラマンダヤ ソワカ (毘沙門天のご真言)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA