ホタル、ほぼ最盛期か

今日は防災訓練がありました。
門前地区では午前6時から町内清掃を行い、8時から防災訓練。境内に集合して消防団員の指導を受けました。

その後は1日、草刈り作業。汗をかいて体重が2~3キロ減ったように感じたくらいでした。

今日は大変蒸し暑く、夜は無風ときてホタルにはいい夜になりました。

千手院脇を流れる祓川上流の「やくしばし」。この右奥で道路は終わり、沢沿いに登っていくと浦佐三十三番観音巡りの登山道に入っていきます。この付近でも昨年は20匹前後のホタルが確認されましたが、一番はこの堰堤の先50m地点付近です。

今日はとても多くのホタルが舞いました。白山神社脇からの踏査調査で104匹。この堰堤先付近でいえば、ほぼ最盛に近いと思われます。70匹以上はいたでしょう。周囲に街灯が全くなく、蛙の声と川の音、沢風に吹かれながら見るホタルは「乱舞」という言葉が似合います。
昨年からの草刈り作業の成果があったのか、今晩時点で昨年のホタル数を超えたように思います。今後さらに成虫になるホタルもいると思われますが、今日から1週間前後が今年のホタル最盛期になると思います。

こんなホタルが幼虫やカワニナを育てたりして放流などをすることもなく、全く自然の状態で生息しているのですからすごく素敵なことだと思います。

ただ今晩もそうでしたが、チラホラとホタルを見にくる方がいらっしゃるのですが、このやくしばし付近で帰ってしまう方がいました。
ちょうどこの橋からだと奥の地点が大木に隠れて見えないので、奥が一番のポイントだと知らない方はここで終わりだと思ってしまうようです。

私が声をかけられる時は、案内をして教えてあげるのですが、今日などは絶好の機会だったのに帰ってしまわれる方は残念でした。

雨が降ったり、風が強かったりすると見られる数も少なくなりますが、今後しばらく毎日が楽しみです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ついたち

次の記事

平凡・・・