七夕さま・・・

今日の浦佐は晴れのち曇り、夕方から雨・・・、天の川をみられるようなお天気ではありませんでした。

しかし、夕方からはホタルの環境を守ろうとしている有志が集まり、昨年から今年にかけてのホタルの増減、これからどうしていくのが良いのか・・・などなど、お酒をいただきながら話し合い、情報を共有する機会がありました。もちろん、時間になったらホタルを見にいきました。今年のホタルの発生状況は昨年のピークの倍近い170匹が踏査調査により確認されています。空には見られませんでしたが、地上ではホタルの天の川が見られました。

ホタルの急増にはいろんな原因が考えられますが、昨年に大雨で洪水がなかったこと、草刈りをしたおかげで日照がよくなりエサのカワニナが確保されたことなどが大きな要因と考えられます。

他の地域ではわざわざカワニナをとって放したり、幼虫を育てて放流したりするところが多いのですから、自然の条件そのままにこれだけのホタルが生息する祓川の環境は本当に宝物だと思います。

これも有志の皆さんのおかげであり、まだ人の手が足りない状況ですので、これから少しずつでも協力者を募っていきたいと思います。また、未来を担う子供たちにホタルが舞う環境が残っている浦佐を誇りに思って欲しいと思います。

今日は祓川のホタルを確認したあとに他地点も見に行きました。
祓川の隣に位置する刑部沢では10匹を確認。ここも日照をよくするだけで相当環境が整う場所だと思います。その後に新町の地蔵清水付近を見に行きました。こちらは昨年よりかなりホタルの数が減っているように思いました。優れた水と環境がある町内ですので、何とか今までのレベルを維持できないものかと感じました。

そして祓川ではカジカガエルがしっかりと鳴いています。とても美しい鳴き声をするカエルとして古来から日本人に愛されてきたカエルです。
これも私たちは当たり前に聞いているから、気をつけないと何の価値もないように思ってしまいます。しかし、ホタルにカジカガエル・・・浦佐の宝物のひとつだと思います。一番大切なものは一番近くにある・・・感覚が麻痺しないよう、心がけたいものですね。

ちなみにカジカガエルの鳴き声はコチラを参考に!「聞いたことあるなぁ~」と思うはずです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

平凡・・・