平成23年辛卯歳・・・

今年も終わりを迎えました。暦上は2月3日までが今年となりますが、いよいよ明日からは新年の幕開けです。

浦佐の積雪は約1m30cmといったところです。
今日も雪が降ったりやんだりのお天気でしたが、お正月準備には差し支えありませんでした。

今年は本当に国中が揺らいだ年でした。まさしく「辛い」1年だったように思います。
千手院では住職、副住職の宗派の役員任期の最終年でした。途中、住職の入院、また祖母の体調不良などがあり、役員の仕事もしっかりできなかったところも多かったようで反省しています。

7月の新潟・福島豪雨では千手院の山が崩れてしまうなどの被害もありましたが、今年の年頭の目標は現状を維持することでしたので、それなりに何とかなったのかな・・・とも思います。

浦佐城跡・薬師様の整備も少しずつ進み、山にはいろんな花たちが顔を見せてくれるようになりました。秋にはスズメバチに襲われてしまいましたが・・・。

そして祓川の水生生物の環境作りに取り組んだ成果もでて、夏には今までにないゲンジボタル達が舞ってくれました。しかし、その後の豪雨で川の形が大きく変わってしまい、来年の状況が心配でもありますが・・・。やっぱり辛い年でしたね。。。

しかし、人間がいかに自然に生かされている存在であるかを、肌で感じた人は多かったのではないかと思います。私を含め、今年の経験を来年に活かしていかなければなりませんね。

千手院ではこれから家族だけで本堂でお勤めをし、今年の無事を感謝して年とりを行います。それが終わると私は毘沙門堂で23時45分から始まる毘沙門天護摩の助法(お手伝いのこと)に出仕します。

今ここに、こうやって生きていられることに感謝の辛卯歳でありました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

大掃除。

次の記事

年始の間。