私なんかが・・・

一年に何回か、赤ちゃんの「名前を考えて欲しい」という命名の依頼を受けます。

この世に奇跡の確率で受けた生に対して、名前をつけるなどとはもっての他だといつも思っていますが、それがご両親の希望であれば、少しでも参考にして欲しいと感じて引き受けております。

もちろん、本来はご両親が子供の将来を祈念してつけるのが当たり前です。画数だとか、響きが良いだとかとは別問題です。

しかし、それを説明してもお寺にご一報下さるご縁には本当に感謝の気持ちで一杯です。
今日も3日間、さんざん考えた末にやっと決まりました。明日、ご当人に連絡したいと思います。

一人の人間がこの世に生まれ、そして死んでいくということ、大変重いテーマですが、それ以上になんて素晴らしい、有難いことだろうと、あらためて感じます。

新たな生命の、健やかな成長を心の底から祈っています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

お供物

次の記事

狼煙と研修会