やっと見つかった~。

昔の本堂内で撮った写真の中に、床の間で飾られている達磨図の掛け軸がありました。
ずっと気になっていて、あちこち探していたのですが、今まで見つからなかったんです。

それがついに出てきました。やっと見つかりました。

この達磨図の上部に書かれている句は、新井石禅さんという高僧の方の書で、雲洞庵の住職も努められた方です。
明治38年中秋に書かれたようです。

いやぁ~、見つかって良かったです。
表装なども専門家と相談して、大切に扱っていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

同じ県内でも・・・

次の記事

スタート。