命日。

今日も写真がなくてすいません。。。

平成10年3月8日・・・先代賢能和尚の命日です。
あれから今年で15年目を迎えます。本当に時が経つのは早いものですね。

毎年、3月8日を迎えると先代の言葉を思い出します。
晩年、特に口うるさく「いいか、死に様は生き様なんだぞ。必ずどこかで見られているから、誰が見ていなくても恥ずかしくない行動を心がけなさい。」と言っていました。

20代の頃は、あまり気にせず聞いていましたが、先代の最後の逝き方を目の当たりにした時、本当に身にしみました。

亡くなる2日前まで、普段通りに心配事相談やご祈祷をしていたのが、朝起きてこないので様子を見に行くと意識がありませんでした。お医者さんを呼んで診てもらうと、「もうお身内を呼んだ方がよいです」と言われ、横浜など遠方の親戚が集まると、翌日ふと目を開け、会話を交わして、最後に末期の水を口に含んで静かに旅立ちました。

その最後に私は強烈なインパクトを受けました。まさに有言実行だったからです。身を以て教えてくれました。

毎年、この日にその最後の姿を思い出すと、普段の自分のだらしなさが恥ずかしくなります。
本当に実行力のある先代でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

別れ。

次の記事

強者どもが夢のあと。