墓地積雪状況

墓地通じる通路はご覧の積雪量です。お彼岸前ですが、お墓は頭さえも見えません。
昨年に引き続き、今年もお墓参りができるのは当分先になりそうです。。。

今日は雲ひとつない快晴!その分朝は冷え込み、シミ渡りができて、子ども達にとっては楽しみな朝になりました。

日中、越後三山も綺麗な姿を見せてくれました。これから少しずつ春の装いに変わっていくのが楽しみです。

今日は涅槃会。お釈迦様が入滅された日です。雪国は月遅れの法要になります。
となりの普光寺さまでは、浦佐認定こども園の園児たちがたくさん訪れたようです。宗教の問題などといわずに、日本の大切な年中行事のひとつとして扱ってくれることに感謝です。私の知る限り、この数年間でたくさんの寺院が団子撒きをやめるようになってきています。ようするに高齢化で人が集まらないのが大きな理由のようです。何とか継続していきたい大切な行事です。

千手院でも涅槃図をかけます。文化8年に当時の住職、賢順和尚が奉納した箱書きがあります。それを平成7年に先代の賢能、今の住職の賢昭が修復をしたものです。修復と云っても画自体は手を加えておらず、まわりのきれを代えただけです。
彩色は200年前のもの、そのものです。作者名はありませんが、賢順和尚は京都の職人さんと色々な交流があったお方で、きっとこの涅槃図も京都の関係者だろうと推測しています。

本当に昔の職人さんは凄いと思います。200年経ってもこれだけのものが残るのですから・・・。
今の私たちの生活は多くが目先の利益にとらわれていますが、それも大事ですが、私はこういう仕事が本物の仕事だと思います。

毎年涅槃図の掛け軸をかけて、お釈迦様の最後の説法をといた涅槃経を読んでいると、日々の生活意識を反省させられます。

お昼のお参りが終わった後はお飾りを片付け、宗派の仕事で柏崎に行ってきました。
もう全く雪がなく、田んぼが見えている・・・やっぱり山側と海側では違うものですね~。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ゆっくりと。

次の記事

最高の贈り物!