秋?夏?

台風の影響なのか・・・透明感ある秋空が広がったかと思えば、昨日、今日は30度の真夏日。最高気温も平年より10度くらい高かったようです。

これでは体調を崩すのも無理はありません。
ここのところ浦佐ではお葬式が続いています。

今日はお檀家さんのお葬式、夜は御詠歌の練習。ちょっとバタバタしております。

忙しくなってくると何かと手抜きがでたり、慣れっこになったりするのが人の性だと思います。坊さんも人間ですから例外ではありません。お葬式、ご祈祷、心配事相談など・・・決して慣れっこにならないように心がけています。

今日もお葬式会場で思いましたが、よく葬儀告別式といいますが、もともとは「葬儀式」と「告別式」は別々のものでありました。

東日本大震災前、「葬式は要らない」という類の本がたくさん出版され、相当売れました。
随分とお寺、葬儀は必要ないとたたかれました。その原因は仏教というより、坊さんの資質そのものが問われたものだと私は思っています。しかし震災後はどうでしょう。最近ではめっきりその類の本は姿を消しました。つまり「売れない」からです。
あの大自然の驚異を目の当たりにして、「絆」「歴史や言い伝え」など、昔ながらの教えの大切さを多くの人が肌で感じたからでしょう。お葬式も例外ではないと思います。

明治の神仏分離の時もそう、そしてその後、葬式は必要ないという風潮が一定のサイクルの中で動いてきました。近年は「お別れの会」とか言いますが、「告別式」とは、もともとそういう類のものでした。しかし結果はどうでしょう。最後はやはり葬儀は必要だという流れに戻り、今では葬儀告別式という言い方が定着しています。告別式とは、もともと葬儀式とは別物だったのに・・・。

おっと、話が何かそれてきてしまいました。

10月なのに秋か夏か分からない・・・そんな思いが、ふと葬儀式と告別式の方に向いてしまいました。
10月8日、今日は節入り日といい、今日からが正式な10月になります。明日も暑そうな天気予報ですが、秋バテしないよう気をつけたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

八海山登山。

次の記事

1週間ぶり。