12年目の節目。

いつも更新が滞ってすいません。

27日に四国八十八箇所のお遍路3年目を無事に結願し、高野山奥の院へのお参りをすませ浦佐に帰ってきました。

浦佐と長岡の方達、寺方と、全部で23名でのお参りでした。
天気予報は中日に雨マークがありましたが、ほとんど雨にはならず、高野山に到着するころに降り始め、翌朝、奥の院をお参りするころには青空になりました。ありがたいことであります。

住職が元気でいるうちに、できるだけの方々にお四国遍路へ、高野山へとお参りし、お大師様とのご縁を結んでほしいと発願し、四国3年、西国三十三番観音霊場に3年、再び四国遍路へ3年、そして今回の四国遍路も3年かけ、大きな節目の結願を迎えました。

おかげで良いお参りと思い出がたくさんできました。この12年の間に旅立ってしまわれた方々もいます。

住職が前のようにお寺の仕事ができなくなったので、今回を節目にしばらくはお遍路にはでられそうにありません。なかなか1週間近くも自坊を留守にすることはできません。

しかし、高野山開創1201年目の新しいスタートの年、浦佐出身の高僧、高野山金剛峰寺393代座主、関栄覚大僧正の60回忌(暦が還り、新しいスタートを切る)を迎える春に、浦佐の皆さんとお四国八十八箇所霊場の結願を迎えるお参りができて本当に良かったです。楽しかった~!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

開眼戻し

次の記事

ひんやり。