再びの大雪になるか?

4日、5日は寺年始、4日は浦佐地区、5日は五箇地区を歩いて回り、千手院に伝えられる蘇民将来子孫門のお札を配布しながら、お寺側からの新年の挨拶に出向くお正月行事のひとつです。

4日は1日中、吹雪・・・一緒にお札を配っていただいた方の万歩計は2万歩を超えていました。

5日は最初曇り空でしたが、徐々に晴れ間が見え始め、やはり新雪は綺麗です。
林の向こうには晴れていれば越後三山の最高のロケーションが望めたのですが・・・。

浦佐毘沙門堂も、屋根から落ちた雪もあり、屋根にくっつきそうになっていました。

6日は7日から始まるご祈祷の準備。
7日は、門前地区のお日待、星祭のご祈祷がスタートし、あとは日々、新たなご祈祷申し込みの方のお札を作り、ご祈祷をし、昔からの方にお札を郵送したり、お札を取りに来られる方に連絡したり、ご自宅へ伺ってご祈祷をしたり・・・そんな感じで1月いっぱいご祈祷三昧となります。

ただ、言い訳になってしまいますが、昨年の大雪のための除雪で結構な時間を割いてしまいましたので、今年はご祈祷の進行状況が少し遅れております。
今日も午後からは浦佐にしては強風が吹き、夕方から雪になってきました。たいした降りにならなければ良いのですが・・・。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

五箇、大崎年始

次の記事

冷え込み・・・