25年

女優の柴崎コウさんのツイートした「種苗法改正案」が連休明けに審議開始になるとか・・・。
おかげで話題になり、多くの人が知るところとなりましたが、そうでなかったら・・・コロナの騒ぎに便乗して、知らないうちに、あっという間に法案が通ってしまっていたのでしょう。そう思うと、今の報道、マスコミはやっぱり偏っているのでしょうね。私もぜ~んぜん知りませんでした。柴崎さん、勇気を持って知らせてくれて、ありがとうございます。

農家の多い新潟県、柴崎コウさんの一件がなければ、ほとんどの人が知らないのではないかと思います。
もちろん賛否両論あると思いますが、一番要の「食」の問題ですから、議論に議論を重ねて欲しいと思います。

私達が子供の頃にはほとんどなかったのが、今はどこでもアレルギーの話を聞かないことはありません。
色々な要因があるのでしょうが、一番は「食べ物」だと思います。

前にコロナに関連して、「人とのコミュニケーションが絶たれる(少なくなる)と、心の病を引き起こす」と書いたと思いますが、実はもう一つ、「食が乱れると心の病を引き起こす」という教えもあるのです。

心の病を引き起こす時には、仕事が上手くいかなくなる、人間同士の関係が希薄になる、食がおかしくなるというのが先人達の教えです。
専門家の本を読んでいるとよく出てくる言葉ですが、私の立場で言えばそれはずっと前から、昔の人達が言い伝えてきたことと何も変わらないのです。

昔の人は古くない、今の私達の方がよっぽど古いのではないかと、いつも感じさせられます。
お堅い話になってしまいましたね。

今日の浦佐は曇り時々雨模様。肌寒いくらいのお天気でした。
ボタンの花がもう少しで開き始めそうです。

平成7年、奈良県の長谷寺から浦佐に帰ってきたときに記念に10株程度植え付けました。
いくつかダメになってしまいましたが、25年経った今でも綺麗に大輪の花を咲かせてくれます。
この細い幹に、よくこれだけの大きな花を咲かせ、素晴らしい香りを漂わせてくれるものだと毎年感服してしまいます。

そして25年間で一体何をしてこれたのだろうとも考えさせられます。
気がついたら滅多に更新しないブログも5000日を超えていました。2歩下がっても、3歩前に出て行きたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

今年の薬師様