• 思い出話。

    ブログ更新がずいぶん遅くなってしまいました。

    暖かい日や寒い日や、寒暖の差が大きく、少しずつ春に向かっているうれしさがあるとはいえ、日々追われるように過ごしています。心の遊びがなく、いかんですなぁ~(^_^;)

    昨日も春の陽気だったのが、今日は雪模様・・・皆さん、体調管理に気をつけましょう。

    今日はお檀家さん、浦佐の名物お爺さんの四十九日法要がありました。魚沼を流れる魚野川、川魚のことなら誰よりも詳しく、経験豊富で、そして見事な魚の捕り方、育て方、焼き方を極めたお方でした。

    信心も篤く、お四国八十八箇所霊場参拝や毎月のお参り、写経など、働き者で情に篤く、川が大好きで、酒が大好きで、高齢の最後の最後まで魚を焼いていた、これぞ生涯現役の男性だったと感じます。口で言うのは簡単ですが、なかなかできることではありません。

    先代の住職も、お彼岸参りには最後にお宅に伺い、炭火で焼いてくれた川魚と般若湯で様々なお話しをするのが本当に楽しみでした。読経供養はもちろんですが、こういう時間も本当に大切なのだと思います。

    奥さんに早く先立たれてしまいましたが、今ではきっと楽しく談笑していることでしょう。職人とは、まさにこういう人なのだと教えてくれた出逢いでした。感謝しかありません。その分、これから残された者たちは頑張らないとなりませんね。

  • 雪壁

    今朝の墓地への通路・・・雪壁です(^_^;)

    明け方まで雪が降り続き、またまた積雪が増えました。今日は身体を休めるために予備日としていましたがそうはいかず、結局1日中除雪作業に追われました。

    また沢水を引いて雪を消しているのですが、水の取り口にゴミがたまり、水がこなくなってしまったので、かんじきをつけて様子を見に行きました。

    右手前に雪が少しこんもりと盛り上がっている箇所が観音さまの頭部になります。ここまで雪があるのは久しぶりです。

    雪がない時はこんな感じなのですが、この高さが全部雪で埋まっています。

    この観音さまの右に祓川が流れているのですが、川に向かってかなりの雪庇があるので、沢水を見るために雪の先端へ出るときには細心の注意が必要です。無事にゴミを取り除き、順調に水を取り入れることができました。

    この沢水の確認と境内の回り1周、あと古山門の除雪で終了。今年はこれだけ雪があればもう十分です。。。(^_^;)

  • お日さま

    本堂向拝(入り口)からの1枚。毎年、立春の頃に千手院正面、越後三山からの日の出を迎えます。

    冬は曇りや雪が多いのでお日様を目にする機会は少ないのですが、今年はきれいに見えました。とても有難い朝でした。

    裸押合い大祭ののぼり旗つけが始まったようです。今年もコロナの中で例年のようなお祭りはできないようですが、できることを粛々としていくしか方法はないのかな・・・。今年は3月6日(土)が大祭になります!

  • 立春

    暦の世界では今日から令和3年に入ります。節分が大晦日で、立春が元旦のような感じですね。

    雪模様で寒い立春でした。

    午前中ご祈祷を修め、午後からは毘沙門堂境内の古山門の雪下ろし。屋根の上から毘沙門堂を写した1枚!屋根から落ちた雪が屋根に届きそうになっています。

    ただ、寒さの中、2m以上の積雪の中でも春を感じるものに出会えました。

    分かりますか?ふきのとうが2つ(^0^)

    ちょうど消雪用の水が流れていて、水の下になっていますが、確かにふきのとうです。寒いし、雪が降っているし、そんな中でも春を感じさせてくれました。日も少しずつ長くなっているのが実感できるようになり、少しずつでも確実に春に向かっていることを思うと胸が弾みます。

  • 節分

    2月2日の節分、2月3日の立春そんな時を経験できるのも何かのご縁・・・有難いことだと思います。

    天気予報通り、朝からの雨が、午後から雪に変わりました。例年2月に入ると心配事相談を再開しているのですが、今年はいろいろありまして、15日からの再開・・・除雪、お正月行事を終えて今は事務仕事や後の整理作業を行っています。

    例年、普光寺で豆まきを終えた井口巻の本家様が、午後から千手院へ豆まきにきてくれるのですが、今年はコロナのため午前中に来て豆まきをしてくれました。

    昨日のしだれ桜です。朝はマイナス10度近くまで冷え込み、本堂内のお花の水やお茶も凍ってしまいました。本当に寒かった~。しかし、青空が見えるというのは、寒くてもどこか気分が明るくなります。

    ふと視線を落とすと、あらまぁ、冬の深淵のしだれ桜が映っていました。風で水面が揺れ、ぶれていますがきれいな姿でした。白と青と黒の世界・・・神秘的でした。

過去のブログとカテゴリ