• 浦佐のお念仏

    昨日、8月9日は昔から観音様のご縁日とされ、様々な行事が催されてきましたが、今では「そんな事をしていたの?」と、知らない方がほとんどになりました。

    この日までに、浦佐の盆灯籠をお飾りします。毎年住職が切り換え、お盆を前に荘厳します。大体丸2日かかります。

    この形の盆灯籠は高野山で飾られるものです。高野山のものは全部白色の紙で飾られますが、浦佐に伝えられてからは、浦佐独自の色や切り方が加えられて今の形に伝えられています。

    東日本には高野山真言宗の寺院が少ないこともあるのでしょうが、この高野山からの盆灯籠は私の知る限り、新潟県内では浦佐のみに残されています。これも、浦佐出身である、高野山第393世座主、関栄覺大僧正の影響が大きいことは言うまでもありません。

    昨年から、この8月9日に浦佐のお念仏供養を申し、今年もコロナの影響がありましたが、開催させていただきました。

    写真のような、葬儀のたびに荘厳されていた祭壇も今ではホールを多く使うようになり、お飾りする機会がめっきり減りました。

    浦佐のお念仏とは、西国三十三番観音霊場のご詠歌を、浦佐独特のメロディーを付けてお唱えし、三十三番観音霊場をお参りした功徳が故人に届くよう、葬儀当日の夕方に本堂で、地域の皆さんが集まって行われてきました。

    しかし、生活形態の変化や様々な要因なのでしょう、ここ数年で「全く」行われなくなりました。施主の高齢化や若い人達の生活に余裕がないこともあるのでしょう。

    せめて年に1回でも・・・という事でご供養させていただきました。お盆を前にすべての御霊にこの功徳が届くことを願って・・・。

  • 梅雨明け

    浦佐は梅雨明けと同時に暑い日が続いております。8月1日の盆持を終えてからは、お盆を迎える準備が続きます。

    先ずは境内の草刈り作業ですが、取り急ぎ、墓地まわりの草刈りは今日で終わりました。あとは細かい箇所が残る程度になりました。

    お盆の花といえば「ミソハギ」

    この花が咲くとお盆が来たな~っという感じになりますね。このミソハギやホオヅキ、ナスやキュウリ・・・その時々のあるもので、創意工夫をしながら先祖への感謝を届けてきたのです。

    夕方も夏の空になりました。

    日が沈むと、写真右方向の山の方から涼しい沢風が吹き下ろしてきます。蝉の声に沢風・・・昼の暑さと疲れを沢風が癒やしてくれます。

  • うなぎ

    少し日が経ちましたが、皆さん土用の丑の日にはウナギを食べましたか?

    私は浦佐ヤナさんからテイクアウトでいただきました。美味しかった~!

    今、90才近くになる浦佐ヤナのお爺さんが若かりし時には、一晩で300匹近くの天然うなぎが魚野川から捕れたそうですが、今では天然物はめっきり捕れなくなったそうです。それだけ川が変わってしまったのですね。

    ただ、浦佐ヤナさんには素晴らしい焼き場と焼き方があり、炭火で真っ黒になり、黒光りしているお部屋があります。一度ご覧になることをお勧めします。天然物でなくても、焼き方の技術とタレなど、私は浦佐ヤナさんのものが一番だと思います。

    うなぎの他にも鮎の塩焼き、またヤマメの塩焼きなどなど、昔ながらなので少し塩が強いかもしれませんが、本当に美味しいですよ。そして日本酒によく合うのです。

    今風のように、隅から隅までオシャレで快適でないかも知れませんが、この夏、浦佐ヤナさんに出かけてみてください。昼間がメインのようですので、夕方5時くらいには閉店のようです。

    胃袋が満たされるということ、食べるものがあるということ・・・とても大切な事です。

    戦中、戦後の時代に育った方は皆経験しているでしょうが、私達の世代、当然今の世代には「食べられない」という経験はまずないでしょう。ただ僧侶の修行期間中、「食欲」というのは、こういうことか・・・という経験はありました。本当に食べられない状況になると人は一体どうなるのか?怖くなると同時に、今の恵まれすぎた食の在り方にも???です。

  • 夏の花

    檀信徒の皆さんと一緒に旅した四国八十八箇所霊場のお遍路の際、高知でいただいてきたハマユウの種・・・毎年この時期になると綺麗に咲いてお四国を思い出させてくれます。

    先代住職が元気でいてくれたので可能だったお遍路の旅・・・本当に良いお参りができたと思います。

    自分が住職になった今、なかなか前のようには動けずにいますが、チャンスがあればまた檀信徒の皆さんと出かけてみたいです。

    ハマユウ・・・花が終わって種をとり、また来年もこうやって咲いてくれるでしょう。一緒にお遍路した方々が口々に言います。「あの時に思い切ってでかけて本当に良かった。今だったらなかなかできない」「テレビでお四国遍路の放映を見ると、あの時の光景が鮮明によみがえってくる」

    お四国遍路、新型コロナウイルスの影響を受けているでしょうが、信仰の道は決してなくなることはないと思います。四国遍路の魅力はなかなか言葉で表すことができません。お参りできた人は本当に幸せだと思います。身を以て分かるのです。

    南無大師遍照金剛

  • 会議

    昨日、会議で長岡市へ出かけてきました。

    まだリモートで会議というところまでできませんが、越後宗務支所の秋以降の会合や研修会についての話合いでした。

    ほとんどが「中止」の決定でしたが、致し方ありませんね。

    越後の寺々の護持状況もかなり逼迫してきているようです。本当に厳しい・・・。

過去のブログとカテゴリ