• もう少しかな・・・

    庫裡玄関前のハマユウのつぼみが大きくなり、もう少しで咲き始めそうです。

    おてら通信お盆号でも紹介させてもらいましたが、檀信徒の皆様と四国八十八箇所お遍路の際、高知県のお土産屋さんの脇の木箱に積まれた球根をいただいてきたものです。浦佐だとちょうどお盆頃に咲きます。

    「この花が咲く頃は」「この作物が採れる頃は」「山の残雪がこのくらいになる頃は」春夏秋冬に季節感豊かな日本の四季ですよね。

    オリンピック、コロナで大騒ぎの世情ですが、お盆の頃はどうなっているでしょうか?ワクチン、ワクチンの連呼から、想定通りのワクチンパスポート、ワクチンの接種は任意といっても、どんどん外堀を埋めてきています。高齢者のワクチン摂取率が進んだから今は若者の感染が多いと言われていますが、本当にそうなのだろうか?疑い深いのか・・・私はどうも腑に落ちないのです。そう言っている間に、子供にワクチン接種券が届きました。皆さんは自分の子供にコロナワクチン打たせますか???

  • 暑~い

    梅雨明けして一気に暑くなりました。

    境内のヤブカンゾウが咲き、この花が咲く頃、浦佐は夏祭りです。今年は昨年に引き続き自粛ムード・・・昨晩、花火が少しだけ上がりました。長岡の大花火大会も中止ですし、新型コロナ以降、残念なことばかりですね(T-T)

    比較的涼しいはずの本堂内も、15時過ぎても32.5度ほどの気温です。外はどのくらいになっているのでしょう・・・間違いなく猛暑日ですね。

    こうなると外の作業は少しお休みさせてもらい、事務作業中心です。お寺の事務作業???思いの外、結構あるのですよ。。。

  • 永代供養墓『白秋苑』

    またまたご無沙汰してしまいました。(T-T)

    今、千手院の永代供養墓『白秋苑』の2基目を建立しております。お盆までに完成の予定で工事を進めております。その間、工事車両が墓地に出入りするため、お墓参りの方々にはご迷惑をおかけするかも知れませんがご容赦ください。

    さて話は変わり、オリンピックを直前にして毎日大騒動ですね。ワクチン接種を進めていても、コロナの感染者はいっこうに減少の傾向も見られず、これからなのかもしれませんが、個人的にはどうも???です。

    子供にとって良い経験になるだろうと思って、チケット抽選にも当たっていましたが、無観客試合になり自動的に返金となりました。様々なところに多くの税金を投入しているのですから、本当に心配になってしまいます。

    「夢と感動を」から「感染が広がらず、何とか無事に終わって欲しい」そんな感じになってしまいましたね。。。

  • 残念・・・

    祓川のホタルは例年になく少ない・・・どうしてだろう?

    昨晩時点で祓川上流には1匹、途中に4~5匹・・・、ホタルが飛ぶための条件的には揃っているため、あと1週間で多少はでてくるかもしれないが、数えられる程度だと思います。平成23年の新潟福島豪雨の翌年、平成24年夏と同じような発生状況です。10年以上観察記録をつけていますが、発生状況としてはワースト1か2です(T-T)

    原因は2点ほど考えられるが、もう少し思案したいと思います。

    新町の方面は結構飛び交っていたのに、祓川上流部分は残念です・・・もう10日間ほどは様子をみたいと思います。

  • 微妙・・・

    千手院のネムノキ・・・、この花の咲き具合を祓川のホタル発生の目安のひとつにしています。

    昨日、2輪ほど咲きました。連日、午後になると雷が鳴り始め、雨が降り、ホタルが出てくるに条件的には揃ってきましたが、昨晩もどうも姿が見られない。

    今年は大雪でしたので、大雪の時には沢に雪が長く残っているため、ホタルのピークも7月上旬になります。これからネムノキが5分咲きから満開になる頃がホタルのピークになるでしょう。

    新町の地蔵清水付近はたくさん出ていて、ピークがきているようです。祓川は一昨年の大雨の影響があり、今年も多くは見られないと思っていますが、今のところほとんど見られていません・・・(T-T)

過去のブログとカテゴリ