• なごり雪

    季節が少し違うかも知れませんが、今年の初雪はなごり雪となりました。

    あるお檀家さんに、真っ赤なモミジを見てもらいながら大地にお帰りいただきたいと2本だけ(1本は黄色のモミジ)雪囲いをせずにいたところ、初雪になりました。

    初雪で枝が折れるのではないかと心配し、そして雪をかぶってしまったのでほとんど落葉するかと思いきや、真っ赤なモミジだけはほとんど落葉しませんでした。

    そして心配したお天気もウソのようにお日様が顔を出し、お墓のまわりにはうっすらと雪が積もり、「名残惜しいが、私は気持ち良く行くよ。いつかまた会おうね」といわんばかり・・・優しく、誇り高くお帰りになりました。

    本当に最後の最後まで素晴らしいお人だったと頭が下がります。私が千手院に帰山し今年で28年になりますが、これほどの人は数えるほどしかいません。

    そんなお人の家族は本当に幸せ者ですよ。楽しいことも辛いこともみんな含めて、幸せ者だと思います。そんな生き様、死に様、後ろ姿を見ているのです。これからもっと幸せな未来が待っていることでしょう。

    私もそのご恩に報いられるよう頑張ります!!!

    大切なお人をお送りして、今日、冬を越えられるよう雪囲いを終えました。

  • 初雪

    なかなかブログを更新できずに申し訳ありません(^_^;)

    昨晩遅くから雨が雪に変わり、今朝は一面の銀世界・・・やってきましたこの季節・・・。

    まだ2本の木の雪囲いが終わっておらず、消雪パイプの掃除も終わっておらず、そんな中、今日はご法事があったので、取り急ぎ消雪の水を回してみたり、雪の重みで折れそうになっている木の雪落としなどで朝からてんやわんやでした~。。。おかげで初雪の風景をすっかり写真に取り忘れてしまいました。

    一昨日まで暖かい快晴が続き、千手院正面のモミジも真っ赤になって、朝日を透かした姿も綺麗になりました。このモミジが最盛期を迎える頃になると、周囲の木々はほぼ100%落葉し、山から里に雪が下りてくる時期になるのです。

    今年もまさにそのタイミングで初雪でした。

    ただ、真っ赤になった紅葉がもったいなくて、まだ雪囲いをしていない1本だったので、今朝は雪をかぶり今にも枝が折れそうに・・・なんとか無事に持ちこたえました。次の雪がくるまで雪囲いをしたいと思います。

    しかし、初雪の頃は身体も寒さに慣れていなく寒いのなんの~、お互いに体調を崩さないように気をつけましょうね!!!

  • 冬準備

    11月に入ってからは冬へ向けた準備が忙しくなっています。豪雪地帯ですから、あらゆるものを冬の装備に変えないといけません。

    昨日はお手伝いの人を1人頼んで、境内の草木の雪囲い作業を行いました。いつももう1人お願いして、私と3人で作業をしていたのですが、怪我をしてしまい、今年は2人での作業となりました。

    おかげさまで暖かいお天気となり、絶好の雪囲い作業日和・・・境内の8割くらいを終えることができました。残りは時間とお天気を見て私の作業となります。

    先週、11日は浦佐城・薬師様の会の皆さんからご協力いただき、浦佐城の看板類、ロープ等の片付け作業がありました。作業を終えて下山中、「うんまげ(美味しそう)なキノコがいっぺぇ~(たくさん)あるぞ~」と、皆さん集まっていました。

    たしかにうんまげ(笑)なキノコでしたが、誰も分からないキノコ・・・やめておくにかぎります。

    寒い日の作業でしたが、皆さんのおかげで浦佐城跡、薬師様が守られています。感謝!感謝!です。

    今日はまた冷たい雨が降ってきました。週末大荒れになりそうですね。晴れに雨に繰り返して徐々に冬本番を迎えます。

    境内の雪囲い作業のあとはゴミ箱、手すり類の片付け、防雪ネット張り、消雪パイプ掃除と点検、錦鯉の棚替え・・・といった感じでしょうか・・・。日が短くなる分、時間がいつも以上に貴重に感じます。

  • 少しずつ・・・

    昨日はお天気が良く、黄色に染まった銀杏と左は落葉した千手院のしだれ桜。

    老木のしだれ桜も枝先の方が腐食したり、道路に面している部分はいつも気になります。これから降雪を迎えるようになるとなおさらです・・・。

    今日は一転、朝から雨が降り始め、徐々に気温も下がってきました。少しずつ季節が移り変わります。

    今年は暖かい日が続いていたからか、畑のピーマンがまだ採れます。あとは小松菜とラディッシュ。今晩のメニューは何にしようかな???

    心配事相談も基本的に11月末までとなり、12月からはお正月準備が加速します。時が経つのは本当に早いものですね。1日1日、1分1秒を大切にしたいものです。

  • 戸たての薬師様

    今日は立冬ですね。千手院では毎年11月7日、8日は戸たての薬師様。

    5月8日に裏山の浦佐城跡、薬師山にお登りいただいた薬師如来様が、雪降りを前に山を降りるとされるご縁日です。

    昨日、7日の午後から薬師護摩法要を厳修しました。以前は7日の19時くらいから行っていたのですが、お参りされる方々も高齢になり、数年前から時間を変更して行っています。ほとんどがご詠歌の方達で、10数名程度ですが、昭和40年代の頃は本堂がびっしりになるくらいだったそうです。

    参拝者もそれほど多くありませんので、今年は火鉢でご覧のような御供物とお茶を一服召し上がっていただきました。やっぱり炭火はいいですね~(^0^)

    今日は本来であれば私が薬師山へ登り、薬師様の祠前で読経を上げ、祠のヤマツツジなどを雪囲いしてくるのですが、薬師山周辺でも熊の情報があり、さすがに1人で山へ登り、万が一のことがあるといけないので、今年は薬師様に許してもらい、下から遙拝させていただきました。

    11日に浦佐城・薬師様の会の皆さんで山の看板類などを片付ける作業があるので、その時に薬師様の冬支度もしようと思います。

過去のブログとカテゴリ