食事の大切さ

本屋さんでふと目に留まった1冊の本。
台所に立つ機会が多くなった私は、すぐに手が伸び、あっという間に読み終えてしまいました。
今も現役の料理家、桧山タミさんの言葉が「うん、そうだよな、そうだよな~」と、納得づくめでした。

食育ということがよく言われます。
季節のものをバランスよく、そして気持ちのこもったものを「いただく」ということ、もちろん、がんばりすぎる必要もなく、楽しく、美味しくいただくのですが、このような方たちから「食う」という言葉を聞いたことはありません。

そして自殺予防の会などでも、様々な専門家やそれに携わる人たちからも、心と身体の健康を保つために「食」というのは大変重要だと聞かされました。

そして私たち、宗教の世界でも、ずっと昔から食の大切さは伝えられているのです。

そして桧山先生からの「男性はもともとやさしい、だから強さを学ぶために生まれてきた、女性はもともと強い、だからこそ優しさを学ぶために生まれてきた」印象に残った言葉です。

今日の浦佐は朝から雨、時折激しく降りましたが、午後からは晴れ間が見え始めました。
急遽、午後の心配事相談がキャンセルになったため、午後は墓地の草刈をようやくすることができました。

お盆が終わったかと思いきや、もうすぐ秋のお彼岸です。。。さぁ、秋の食べ物は~???

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

秋雨前線

次の記事

昔の人は古くない。