白山大権現様の修復に入りました。

昨日、重陽の節句に開眼戻し(魂抜き)を執り行い、本日から毘沙門堂境内、古山門に祀られている白山大権現像と御厨子の修復に入りました。

多くの浄財をいただき、そして職人さんの都合が合わさったこともあり、予定よりも1年早い着手となりました。来年の8月頃を目途にお帰りになる予定でおります。その間は古山門にお姿が見えませんが、どうぞご容赦ください。

白山様、上の方から撮って申し訳ございません。

御厨子梱包中。
尊像も御厨子もひとつずつ丁寧に和紙や紙紐で梱包され、工房まで搬出が完了しました。

また昨日はお正月用のヨシを刈り取りに出かけてきました。

これで約300本は揃いました。
しばらくの間天日干しを行います。

思った以上にツル草が伸びてヨシをつぶしておらず、昨年よりは良い感じのヨシを刈り取ることができました。

毎年ギリギリになってしまうお正月準備・・・、今年は住職がいなくなり、さらに早く準備にとりかからないといけません・・・そう思いながら、ついつい遅れがちになってしまうのが悪い癖なのであります。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

虫の音