ご無沙汰してしまいました。

開白の薬師様が終わり、11日には区長様からお誘いをいただいて、区の「山見」に同行し、1日山歩きと昔からの十二様の祠や旧堀之内町との境界、どのルートを通って堀之内町との行き来をしていたのか、講師の先生から花や山菜の話もいただきながら、とても勉強になりました。この山見が区の行事として続いていなかったら、分からなくなっていたことが多くあったのだろうと思います。

12日は大勢のお寺様が年1回集まって興教大師様に手をあわす報恩講が夕方からありました。

同時に12日からお葬式など、寺役が立て続けにあり、昨日あたりからやっと通常の生活リズムに戻りました。
6月9日の先代の一周忌法要と晋山式の準備もかなり予定が遅れてしまい、かなり焦っております。お正月準備の時もそうですが、いつも後手後手で反省しきりです。。。

夏のような暑さかと思いきや、今日の浦佐はほどよい恵みの雨となりました。
これで一気に草たちが伸びるでしょう。晋山式の準備をしながら、横目で草刈りを・・・と思いつつ、これもまた後手後手になってしまうでしょうか?

新緑が一歩ずつ色の深さを増していきます。私も一歩ずつ一歩ずつ、進みたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

開白の薬師

次の記事

乾燥