秋の幸

お天気をみながら作業を進めていた古山門屋根の塗装も無事に終わりました。
あとは足場を外して完了になります。

古山門は毘沙門堂境内の中でも一番古いお堂になります。
今回の屋根の塗装もやっとできたくらい、屋根の痛みも、古山門全体の痛みも進んでいます。他にもやるべき事はたくさんありますが、私の代で古山門の修繕ができるかどうか???

あと数年で中に祀られているお像と厨子の修復が終わる見通しです。
その後、10~20年後、私が60~70代の頃に古山門のお堂全体の修繕にとりかかれるかどうか・・・千手院本堂修繕なども含め、常に頭の中にあります。

昨日の午前中、浦佐城跡二の丸跡、薬師様と稲荷様の付近の草刈りに行きました。6月から草刈りをしていなかったので、草ボウボウでした。
山栗があちらこちらに実を付けていて、秋を感じさせてくれます。

眼下の浦佐の街も田んぼが黄金色に染まり、稲刈り寸前です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

こまごまと・・・