コロコロころころ

昨日の越後三山。雪が日に日に下に降りてきています。
昨日は11月後半の新潟特有のお天気、晴れたかと思えば、急に雨が降ったり、風が吹いたり、コロコロとお天気が変化していきます。

今日は1日雨模様・・・、これからは冬型の気圧配置になり、雨や曇りが続き、だんだんと雪に変わっていきます。
こちらとは反対に、太平洋側ではお天気の日が続きます。どちらが良いとか悪いとかではありませんが、浦佐に住む人間にとってはお天気の日が本当に有難いと肌身で感じるようになります。

子供の頃は山に雪が見え始めると、「早くスキーがしたい」と心が弾みましたが、大人になるにしたがって「あぁ、また大変な冬が来るな」と心境が変化してきましたが、ここ10年くらいはその先が見えるようになってきました。冬が終われば春が来るな~、あの早春の草花が楽しみで仕方がない・・・、自前の雪室などで野菜を保存すると、なんと鮮度が保てることかと驚いたり、雪の有り難さが自分なりに分かってきたと感じています。

不思議ですね。
そう感じられるようになると、雪のない地域の方々からは「大変ですね」と言われますが、私はちっともそのように感じないのです。
「こんなに良い所に生まれ、生活ができるなんて本当に幸せものだ」と心底思うのです。

だんだんと寒さが増していきますが、その先には必ず春が待っているのです。人生と同じかも知れませんね!!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

池掃除

次の記事

お帰りなさい。