Kさん、安らかに。

今日は1日心配事相談、夕方からは御通夜がありました。

長年、千手院の世話人をして下さったKさんの御葬儀です。
歴史が好きで、昔の浦佐の様子をよく覚えていて、会議の後などの一杯の席でも、色々なお話を聞かせて下さいました。

明日の御葬儀は感謝を込めて、精一杯勤めさせていただきます。
ただただ、ありがとうございました。様々な人との関わりの中で、今があることを痛感します。

さて、話は変わります。
しつこいですが、また雲海の話・・・、許して下さい、好きなもので・・・

昨日と今日は快晴になり、2日続けて雲海が現れました。しかし少し浅い雲海でした。

雲海のでている朝は、下界は必ずご覧のような霧がかかっています。薄暗いのですが、山を登っていくとこの霧が晴れていき、青空がでてきます。

30日の雲海です。ちょっと浅い。風あるためでしょうか???日の出前はこのように「碧」色をしていて、また神秘的です。

25日の雲海です。今年1番の深い雲海が現れました。お日さまが山の上にでると、一面白色が光り始めます。

お日さまが高くなるにつれ、雲海は徐々に晴れていきます。
下界が見えてきました。真ん中に流れている川が魚野川、この豊かな水と高い山が風を防ぐこと、朝晩の気温差が大きくなることで雲海を作り出します。

雲海から、今度は後ろを振り向くと浦佐の西山は紅葉真っ盛り!朝日に照らし出された山々のキレイなこと、朝の空気が美味しいこと、幸せを感じます。

今年は10月にしては、雲海の出る日が多いと思います。ただ浅い日が多いですが・・・。
11月には、25日に現れたような深い雲海が見られる確率が高まります。天候次第ですが、冬前の楽しみのひとつです。

ほんのひととき、心身を洗い、生気をいただくと、さぁ朝の忙しい時間帯です。あわてて元の生活に戻ってしまうのです。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

雲海オンエアー

次の記事

冬の足音・・・