サンゲツ準備

いよいよ3月3日の浦佐毘沙門堂・裸押合大祭も明後日になりました。

今朝は町内総出の境内の整備作業。
大勢の皆さんが奉仕で作業をしてくれ、関わってくださるおかげでお祭りが保たれているところ大です。

今日は真冬に逆戻りのお天気・・・、朝からずーっと雪が降りっぱなしです。
そんな中、祭りを取り仕切る多聞青年団の若者も1日中準備に追われ頑張っています。

3月3日はひな祭りですが、浦佐は「サンガツミッカ」とは言わず、「サンゲツミッカ」と言い、ほぼ裸押合大祭ムード一色です。

皆、なんだかんだ言っても、このお祭りを迎えると何故か身体がウズウズとしてくるのだと思います。
まるで春を迎える直前の、今にも殻を破り、新しい芽を出そうとするような、そんな雰囲気が漂います。ジッとしていられないのです。

まさしく魚沼に春を告げるお祭りです。

明日の夜から前夜祭が始まります。
3日はお天気も回復してきそうですので、是非皆さん遊びにおいでくださ~い

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

餅会

次の記事

雪割りと弓矢こしゃい