再び

今日から再び東京のお寺様のお手伝いへやってきました。

24日の法要に向けてひたすら卒塔婆を書いています。

雪深い浦佐では、あまり卒塔婆を上げる風習はありませんが、全国的に見れば、供養のための卒塔婆を多く上げるほど功徳が積まれると信じられてきました。

どちらか良いとか悪いとか、そういう問題ではなく、それぞれの地元で大切にされてきたものを尊重していく、そしてそれがその時代を生きている人に必要とされていくこと。

何をはぶき、何を残していくのか、常に心しておかないといけませんね♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

夏祭り

次の記事