墓地積雪状況としだれ桜の様子。

17日、今まで千手院を支えてくださった大切な方のご葬儀がありました。
人の上に立つご主人と由緒あるお宅を支え、内助の功を尽くされた明るく、楽しい方でした。人に見えぬところで力を尽くすということは、本当に大変なことだと思います。それ故に、明るさの中にも強く、偏らない信心の持ち主だったと感じます。先人達が支えてくれたお寺を、私もできる限りの力で護持、そして発展させていきたいと思います。

そして昨日18日は、私の祖母の祥月命日でした。
こちらも先代の老僧を影で支えた、私にとって大きな存在でした。実務ができることも大切ですが、それ以上に「人柄」こそがお寺には大切なのだと身をもって教えてくれた祖母でした。

そんな祖母が亡くなった年の春と今年は桜の咲き方が似ています。

今朝のしだれ桜。赤みを増してきました。

ピントが合っていませんが、もう少しで開きそうです。本堂前のソメイヨシノはひとつ、ふたつと花が開きました。
今日あたりも気温が上がれば一気に開花するのですが、今日の浦佐は気温も上がらず、風に雨に荒れ模様のお天気でした。

今にも桜の枝が折れてしまうのではないかとヒヤヒヤものです。

墓地の雪も、一昨日までの南風で一気にとけました。やっと靴でお墓参りができるようになりましたよ~。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

咲き始めました~。