何とか間に合ったか?

今日の千手院墓地。
天気予報どおりの湿った雪で、いよいよ本格的な雪景色がはじまりました。
この雪は根雪にはならないと思いますが、雪の降り始めは身体も寒さに慣れていなくて、本当に寒い~っ!
お昼でも本堂の中は4℃しかありません。

2~3日前から雪が降る予報が出ていたので、境内の冬準備も急ピッチで行い、何とか間に合ったようです。

一昨日は思わぬ晴れ間に恵まれ越後三山もとても綺麗でした。作業もはかどりました。

今年も真っ赤になって、本当にきれいだった本堂正面のモミジ。
もう少しこのままにしておきたかったのですが、本格的な雪の予報だったため、一番最後に雪囲いをしました。
「悪いけど・・・」そう言って、長い冬に耐えてもらうため、枝をギュッと絞り上げました。

あとは急いで、墓地のゴミ箱や看板片付け、のぼり旗などを外して、今日の雪に間に合いました。
残りは境内の消雪パイプの掃除です。今朝は門前区の消雪パイプの掃除でした。あと数日すればこの雪も消えると思いますので、それからです。

雪が降ると周囲の音が打ち消されて、静寂の世界に入ります。土や草の香りもなくなります。
部屋の窓から、お正月準備をしながら外を見るとまるで水墨画の世界です。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

雪囲い

次の記事

あげどき