浦佐城址・現場研修


今日は、浦佐城址と毘沙門堂のガイドボランティア養成講座の最後、現場研修が行われました。

相変わらずの太陽の下、10時から浦佐城址に登り、松永先生からお堀やどのようにして守りを固めたのか説明を受けました。普段登る際には何とも思わないようなところに細かな細工がしてあったりして、実際現場を見ながら説明を受けると、「なるほど~!!!」と大変勉強になりました。

全部で30人程いらっしゃったでしょうか???
一番暑い時間帯であったにも関わらず、本当にお疲れさまでした。

改めて、こういう史跡、歴史に触れることは、自分たちのルーツを知るとても大切なものだと感じました。今はちょっとした大河ドラマフィーバー的な側面がありますが、一時的なものでなく、ズーッと大切にしていきたいものですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

千手院の盆灯籠

次の記事

仏器磨き