悲しい日


お手伝いをしているお寺様の中庭、雨に濡れた灯籠とスギゴケが蒸し暑さを和らげてくれます。

今日は地元浦佐で私の同級生のお葬式がありました。
私はこちらの仕事があるため、住職一人が読経をし見送ってくれました。わずか40年ほどの人生を終えて旅立ってしまいました。

それぞれに様々な事情がありますが、やはり死を目の当たりにすると悲しみが湧き出ます。
来世では必ず幸せになってくれと祈るのみです。残された家族が彼の分までしっかりと生き抜けるように・・・最後には祈ることしかできません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

日本のゆくえ

次の記事

たくましいなぁ~。