めでたい。

千手院の中庭。。。午後から白く雪化粧しました。
全国的に雪が降ったようですが、浦佐は午後になるまでたいした雪にはなりませんでした。

しかし雪が降るとやはり寒さが違いますね~。

千手院でお正月の注連飾りに使う切り紙「ハッチョウガミ」をやっと切り終わりました。
左側には扇子の中に「目出」、右側には鯛をかたどったもので、紙を注連の間にはさんでつるすと上から「めでたい」となるようになっています。

先代の老僧が若いときから切っているものを今も続けてます。その前の代からあったどうかは不明ですが、分かるだけでも80年は続けられています。

近頃はホームセンターでも色んなデザインのものを目にしますが、当寺ではこの他に「おとしだま」をかたどった切り紙と2種類のものを切っています。切り終わると本尊様のご宝前で読経し、お寺で使うものを残して、あとはお歳暮などと一緒にご近所に配るのが恒例になっています。

今年は大変なことがたくさんありました。来年こそはめでたい年になってほしいものです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

師走。

次の記事

よしむき。