新緑の季節。

ここのところの暖かさで、浦佐の山々の新緑も一気に進み、越後三山の残雪もみるみる少なくなってきています。
田んぼでは魚沼コシヒカリの田植えが真っ盛り!夜になるとカエルの大合唱・・・農家の方々はとても忙しい季節ですね。

19日に森林観察会と浦佐城・薬師様の会の総会があり、その後は心配事相談や宗派の会議などが連続でありました。
しかし、昨年に引き続いて行った森林観察会は本当に勉強になります。植生の多さもさることながら、自身達の種の保存、生き抜くために草木たちがいかに智慧を振り絞っているのか・・・それは人間も同様なことだろうと思います。

あらゆるものが溢れかえっている時代を生き抜くのに、自分には一体何が必要なのだろう?
自然と向かい合っていると、常にそれを考えさせられます。

今日は日中は心配事相談、夜は御詠歌の練習日・・・といった1日でした。

浦佐城跡のオオイワカガミもそろそろ終わりになり始め、チゴユリ達が可愛い姿を見せてくれていますが、同時に今年のホタルたちが気になる時期になりました。

ホタルや水辺の環境整備とあわせて、毘沙門堂古山門の雪囲いをきちんと片付けていなかったり、境内や墓地の掃除、草刈りなども気になっている箇所は多々あります。見苦しいところはどうぞご容赦下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

願いが叶うか???

次の記事

2013-05-25 20:53:08