残暑

今日も日中はとても暑かったです。小出の付近では33度を超えたとか・・・残暑厳しいですね。

そんな中、今日はお葬式がありました。
91才の方でしたが、住職が入院中のため若輩者ですが私が導師を勤めさせていただきました。お子さんはそれぞれ立派に独立し、ご主人を亡くされたあとは一人で暮らしていました。自分のことは自分でこなしながらも、ご近所のサポートもあり、周囲に迷惑をかけることなく素晴らしい旅立ちでした。

このように亡くなっていきたい・・・誰もが思う旅立ちをその身をもって示していきました。ご子息にとって何よりの宝になるものと思います。学ぶことの多いご葬儀でした。

残暑が厳しい中でしたので汗びっしょりになりました。お坊さんの衣もクールビスではないですが、涼しくなるようかなり改良されてはいるのですが、何せ重ね着するので仕方ない部分もあります。

しかし、夜になるとグッと涼しくなります。千手院では窓を開けると山の奥から払川をつたって沢風が吹き込みます。この時期になると寒いくらいです。虫の音を聞きながら感じる自然の贈り物は、なにものにも変えられない幸せを感じます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

規模縮小か・・・

次の記事

今年の十五夜祭りは・・・